ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • おでかけ着選びのアドバイス

  • おでかけ着選びのアドバイス
  • 生後1ヵ月を過ぎると、おでかけする機会が増えます。季節や用途に合わせて、コーデを楽しみましょう。

ピックアップコラム

おでかけで気をつけることは?

生まれたばかりの赤ちゃんは抵抗力が弱く、体温の調節も苦手なため、できるだけ外出は控えたほうが良いです。ただし、生後1ヵ月になると病院の検診が始まったり、外出をする機会が増えてきますので外出に備えて準備をしておきましょう。

おでかけ イメージ
ピックアップコラム

どんなウェアがあるの?

新生児からの赤ちゃん(新生児~1歳まで)が着る洋服には以下の種類があります。

ドレスオール

ドレスオール イメージ2

Point

•また部分のスナップの付け替えで、ドレスとしてもカバーオールとしても使える2WAYタイプです。

•主に、0ヵ月~3ヶ月までが対象月齢のサイズです。

•ゆったり着用できるマチありタイプと、身体にフィットするフィットタイプがあります。

商品はこちら >

生まれてすぐの赤ちゃんは、1日に何度もおむつ替えをするので、大変です。毎日のお世話が少しでもスムーズになるように、最初のお洋服にはドレスオールをオススメします!裾がスカート状になったドレスタイプにすれば、めくるだけでさっとおむつ替えができて少しだけ楽になります。

お宮参りって何?

お宮参り イメージ2

お宮参りはお子様の健やかな成長を祈って神社を参拝する儀式で、生まれて初めて外で行う行事です。男の子が生後31日目、女の子が生後32日目と言われていますが、地域によって違いがありますのと天気のよい日を選ぶ、大安の日を選ぶということも多いようです。

お宮参りのスタイルは?

お宮参り イメージ2

ベビードレスを着せた赤ちゃんを抱っこし、その上からお祝い着をかけ背中側でお祝い着の紐を結びます。最近はお祝い着はかけずベビードレスだけでお参りする方も増えているようです。

商品はこちら >

ドレスオールはいつ着るの?

生まれてすぐの赤ちゃんは、1日に何度もおむつ替えをするので、大変です。毎日のお世話が少しでもスムーズになるように、最初のお洋服にはドレスオールをオススメします!裾がスカート状になったドレスタイプにすれば、めくるだけでさっとおむつ替えができて少しだけ楽になります。

お宮参りにも活躍

お宮参りって何?

お宮参り イメージ2

お宮参りはお子様の健やかな成長を祈って神社を参拝する儀式で、生まれて初めて外で行う行事です。男の子が生後31日目、女の子が生後32日目と言われていますが、地域によって違いがありますのと天気のよい日を選ぶ、大安の日を選ぶということも多いようです。

お宮参りのスタイルは?

お宮参り イメージ2

ベビードレスを着せた赤ちゃんを抱っこし、その上からお祝い着をかけ背中側でお祝い着の紐を結びます。最近はお祝い着はかけずベビードレスだけでお参りする方も増えているようです。

商品はこちら >

カバーオール・プレオール

カバーオール・プレオール イメージ

Point

•足の部分が分かれているので、動きが活発になってきた頃におすすめ。

•主に、6ヵ月~1歳が対象月齢のサイズです。(2歳までを対象にしているものもあります。)

•春・秋・冬にはソックスいらずの足袋付きのものもあります。

商品はこちら >

アウターロンパース

アウターロンパース イメージ

Point

•主に6ヶ月~1歳までが対象月齢のサイズです。

•Tシャツやワンピースなどに股の部分がついて、アウターとして着れます。

•ズボン、スカートを組みあわてコーディネートを楽しめるようになります。

商品はこちら >

バギーオール

バギーオール イメージ

Point

•寒い時期に赤ちゃんを寒さから守るカバーオール型の防寒着です。

•肌着・アウターを着た上に着せます。

•冬は屋外と屋内で気温の差が大きいです。特に屋内で暖房が効いていると暑くなりすぎていることもあるので、顔が赤くなっていないか、汗をたくさんかいていないか、赤ちゃんの様子に気をつけましょう。

商品はこちら >

※販売期間:9月~1月

ピックアップコラム

着せ方のポイントは?

Point 1
着せすぎに注意

赤ちゃんの体温は生まれてすぐは36.5℃~37.5℃と大人より少し高め。体温調節が苦手なので洋服で調節してあげることが必要です。3ヵ月くらいからは大人の服より1枚少ないくらいで大丈夫。

Point 2
肌着を着せた上に着せる

アウターだけを着せるとアウターの内側の縫い目や刺繍、タグがあたって肌を刺激することがあるので、肌着とあわせて着せてあげましょう。

Point 3
使う前に一度洗う

赤ちゃんの洋服や肌着は、そのまま使うこともできますが、一度洗うことをオススメします。 加工剤(のり等)がついていれば取れるし、生地も柔らかくなり吸水性もよくなります。洗う際は、蛍光増白剤が使われていない洗剤をお選びください。

季節ごとのコーディネートは?

「肌着+ドレスオール」を基本スタイルに、季節に合わせて、ベストやおくるみ・バギーオールをプラスしましょう。

基本スタイル

一日中おうちにいる場合でも、夏は薄着、冬は厚着などコーディネートが必要です。また、春や秋は日によって気温差があるので、重ね着させるなどこまめに調整するようにしましょう。
基本スタイル

基本スタイルの上に長袖のドレスオールを重ね着させましょう。

春・初夏

半袖の肌着の上に、薄手のドレスオールを着せます。赤ちゃんは汗っかきなので、直接ドレスオールを着せるのは避けましょう。

盛夏

基本は春と同じ。ドレスオールは冬に備えて厚手を準備しておくと重宝します。

秋

厚手の肌着に、温度調節できるベストを重ねて保温力をアップさせましょう。

冬

どんなサイズを選べばいいの?

お子さまの成長に合わせて、月齢だけでなく、お子さまの体型に合わせて選びましょう。
サイズ表

関連商品

おくるみ・ベスト

おくるみ・ベスト 写真

おくるみは、タオルケットやブランケットの代わりとして、くるんだり、かけたり、敷いたりと様々な用途に使えます。

商品はこちら >

新生児・乳児帽子

新生児・乳児帽子 写真

夏の日差しや冬の寒さから赤ちゃんを守ります。

商品はこちら >

ソックス・レッグアイテム 写真

ソックス・レッグアイテム

小さな足にもフィットする伸縮性にすぐれた、肌ざわりのよいものを選びましょう。

商品はこちら >

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

ページの先頭へ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中