ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

知って納得!おねしょはなぜ起こる? おねしょ対策便利グッズ特集

おねしょ対策はあせらず、ゆっくり

おねしょのメカニズムを理解しましょう!

夜寝ているときには「抗利尿ホルモン」という物質が多量に分泌され、おしっこを濃くして、量を減らしてくれます。
子供は、「抗利尿ホルモン」が少なく、薄いおしっこが多量につくられたままになりますが、膀胱に溜めきれなくなり、あふれてしまい、「おねしょ」となります。また、おしっこが少なくても、成長過程のため、膀胱が小さく、「おねしょ」をしてしまうこともあります。
おねしょは、からだの発達とともにいつか自然になくなるものです。
「おこさず、あせらず、おこらず」のおねしょ3原則を覚えておいてくださいね。

出典元:ユニ・チャーム株式会社ホームページより

おねしょのメカニズムを理解しましょう!

ママにおすすめ!おねしょ対策

①夕方からの水分は控えめに

水分は、朝と昼に多めに与えます。夕方からの水分は控えめにしましょう。
夕食に汁物や果物を控え、朝に与えるなど、水分摂取リズムを意識することがたいせつです。

②冬場は後戻りしやすいのでケアが大事

季節の変わり目はおねしょをしやすくなります。特に冬場は、寒さで膀胱の容量が縮小するので失敗しやすくなってしまいます。対策としては、寝る前に子どもをお風呂でよく温めてリラックスさせ、布団も温めておいてあげるといいでしょう。

おむつ選びは、子どもの気持ちを聞いて

おねしょが心配な時におむつを使うのもひとつの方法ですが、紙おむつを嫌がったら、オヤスミマンのようなキッズが好きなプリンセス・カーズのキャラクターを採用した下着デザインのキッズパンツを使うとよいでしょう。ペットボトル1本分の吸収力(500ml)*で一晩中のおしっこを吸収するので朝まで安心してぐっすり眠れます。
*ビッグサイズ以上

出典元:ユニ・チャーム株式会社ホームページより

ママにおすすめ!おねしょ対策

ページの先頭へ